《3回戦》常磐 ソツなく着々 高崎東に9-4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
常磐―高崎東 1回表常磐1死満塁、成瀬が松野をかえす左前打を放ち2点目=上毛新聞敷島

  ▽3回戦(上毛新聞敷島)

 常 磐
  310 300 020―9
  100 002 001―4
 高崎東


 常磐が着々と加点し勝利した。初回に成瀬の適時打、高岡の犠飛などで3点を先制し、四回までに7得点。八回の山上の2点適時打でダメ押しした。投手陣は3人の継投で4失点に抑えた。

 高崎東は六回、敵失と暴投で2点を返したが、前半の大量失点と逸機が痛かった。


「一丸で戦えた」高崎東・栗原佑滋主将の話
 自分がチームを盛り上げて夏を迎えられた。逆転はかなわなかったが、ベンチ一丸となって戦えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事