《2回戦》桐生商 終盤突き放す 藤岡工に12-7

  ▽2回戦(桐生)

 桐生商
  530 000 400―12
  302 000 110―7
 藤岡工


 桐生商が終盤に突き放し快勝した。初回は中島辰からの3連打や藤生の三塁打で5点を先制。二回は常見の3ラン、七回は青木の2点適時打、加藤の犠飛などで4点を挙げた。

 藤岡工は三回の松本大の2点適時打や終盤の河原、竹田の適時打で迫ったものの届かなかった。


「仲間に感謝」藤岡工・平林鎌主将の話
 最後まで諦めず戦ってくれて頼もしかった。足首を手術した自分の復帰を待っていてくれて、感謝の言葉しかない。

関連記事
スポーツ > 高校野球の記事