《2回戦》高崎東 好機を逃さず 伊勢崎興陽に7-4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
伊勢崎興陽―高崎東 2回裏高東1死二、三塁、広神の適時打で福島に続き下村がかえり4点目。捕手尾形=桐生
伊勢崎興陽の応援スタンドを盛り上げた「トウモロコシ」

  ▽2回戦(桐生)

 伊勢崎興陽
  101 010 100―4
  130 100 20×―7
  高崎東 


 安打数で下回る高崎東が伊勢崎興陽に競り勝った。1点差に迫られた七回、中山の二塁打を足場に飯塚の適時打と福島の犠飛で2点を加え、突き放した。

 興陽は瀬古と加藤佑が3安打するなど好機は多くつくったが、もう一押しが足りなかった。


「自分たち出せた」伊勢崎興陽・高瀬元気主将の話
 負けは悔しいけれど、自分たちを出し切れた。野球をやって良かったと、たくさんの人に伝えたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事