《2回戦》桐生南 小刻みに加点 市前橋に8-2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桐生南―市前橋 8回表桐南1死一、二塁、飯塚の内野ゴロが併殺崩れとなる間に、2走新井裕が好走塁で本塁を突き8点目=上毛新聞敷島
応援の中心になって声を張り上げる田村団長(右)ら市前橋野球部員

  ▽2回戦(上毛新聞敷島)

 桐生南
  003 111 020―8
  000 002 000―2
 市前橋


 桐生南が8得点で快勝。三回に村岡の適時三塁打などで3点を先制し、その後も五回の飯塚のソロなどで順調に加点した。先発横塚は5回無失点で試合をつくり、継投の斉藤も好投した。

 市前橋は六回に小柏の適時二塁打で2点を返したが、七回以降は無安打に抑えられた。


「悔しさばねに」市前橋・萩原涼太主将の話
 チームを引っ張らなきゃと厳しくして、でもみんなついてきてくれた。この悔しさが新チームを強くすると信じる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事