《2回戦》渋川青翠 虎の子1点守る 利根商に1-0

  ▽2回戦(桐生)

 渋川青翠
  000 010 000―1
  000 000 000―0
  利根商


 渋川青翠が戸川、宮下の継投で3安打無失点に抑え、投手戦をものにした。五回2死一塁から石川の内野安打と四球で好機を広げ、八重樫の中前打で1点を奪い、逃げ切った。

 利根商は先発木村が4安打1失点。八回、林の二塁打などで2死二、三塁の好機も逃した。


「全力出し切れた」利根商・星野陸主将の話
 チーム全体で良い守備ができたが、好投の木村を援護できず悔しい。全力は出し切れた。相手がそれだけ上手だった。

関連記事
スポーツ > 高校野球の記事