《2回戦》太田工 終盤に逆転 安中総合に3-2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
太田工―安中総合 8回表太工2死二塁、平山が春山をかえす右翼線三塁打を放つ=上毛新聞敷島

  ▽2回戦(上毛新聞敷島)

  太田工
  000 100 020―3
  000 200 000―2
 安中総合


 太田工は四回2死から北島、平山の連打で先制。1点を勝ち越されて迎えた八回は、平山の三塁打と中島の内野安打で2点を奪い逆転した。先発岡部は好守にも助けられ2失点完投。

 安中総合は四回に小倉が四球で出塁。戸塚の三塁打などで2得点したが、守りきれなかった。


「助け合い学べた」安中総合・須藤蓮弥主将の話
 楽しかった。野球だけではなく、仲間との助け合いや上下関係、感謝の気持ちを学べた本当にいい2年半だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事