夏の甲子園 3回戦 前橋育英4-10 涙のむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第99回全国高校野球選手権大会第11日は19日、兵庫県西宮市の甲子園球場で3回戦4試合が行われている。群馬の前橋育英は第2試合で花咲徳栄(埼玉)と対戦し、4―10で涙をのんだ。

【花咲徳栄】綱脇、清水―須永
【前橋育英】丸山、皆川、吉沢―戸部


花咲徳栄
 401 200 201―10
 110 000 200―4
前橋育英


 序盤1回、花咲徳栄は左中間を破るタイムリー三塁打で先制、さらに適時打などで4点を挙げた。3回には左前適時打で1点、4回には無死一、三塁から、2点適時打で5点差とした。7回にも2点を加え、終盤9回にも1点を加え、終始試合をリードした。

 前橋育英は1回に、二走丸山が二塁けん制悪送球の間に本塁突き1点、2回は、右翼線三塁打で出塁した吉沢が小池の進塁打でかえって2点目。7回には小池が右中間へソロ本塁打を放ち、戸部の右前適時打で1点を加え、5点差までに詰め寄った。終盤8、9回には得点圏まで走者を送ったが、後が続かなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事