《2回戦》富岡 序盤に主導権 利根商に6-2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▽2回戦(藤岡市民)

利根商
 000 000 002―2
 401 000 10×―6
富 岡
▽二塁打 金子(利)横山(富)


 富岡が序盤に主導権を握った。初回、神岡の右前打と四死球で1死満塁とし、新井聖、寺島の適時打で一挙4点を先制。三回と七回に1点ずつ加えた。先発寺島は2失点で完投した。

 利根商は九回2死二、三塁から設楽の2点適時打で意地を見せたが、反撃もそこまでだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事