《2回戦》桐生 乱打戦決める 安中総合に14-13

 ▽2回戦(上毛新聞敷島)

安中総合
 311 050 030 0-13
 031 241 200 1×―14
桐 生
(延長十回)
▽本塁打 島田(安)
▽三塁打 柴崎(安)植木、田上(桐)
▽二塁打 島田、清水あ(安)植木(桐)


 桐生が乱打戦を制し、延長サヨナラ勝ち。4点を追う二回、大滝の犠飛や原のスクイズなどで3得点。七回は田上の適時打と敵失で13点目。延長十回は桜井の適時打で勝負を決めた。

 安中総合は八回、柴崎の適時打や山崎の犠飛を絡めて同点とするも、一歩及ばなかった。

関連記事
スポーツ > 高校野球の記事