《1回戦》桐生第一 好守きっちり 渋川に10―0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渋川-桐生第一 1回裏桐一1死満塁、伊藤が金田、立石をかえす適時打を放つ=高崎城南

 ▽1回戦(高崎城南)

渋 川
 000 000―0
 421 003x―10
桐生第一
(六回コールド)
▽本塁打 伊藤(桐)
▽三塁打 柳岡(渋)


 桐生第一が投打で圧倒した。初回に立石の適時打などで4点を先取し、三回は伊藤のソロで7点目。六回に敵失で2点を加えた後、伊藤の左前打でコールド勝ちを決めた。先発本木は5回を1安打の好投。

 渋川は初回2死から柳岡が三塁打。二、四、六回はいずれも先頭が四球で出塁したが、後続を断たれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事