《1回戦》桐生西 終盤勝ち越し 太田工に4―2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ▽1回戦(西毛運動公園)

桐生西
 010 010 110―4
 110 000 000―2
太田工
▽本塁打 長(太)
▽三塁打 小島(桐)
▽二塁打 須藤、小林(桐)饗庭(太)


 桐生西が終盤に試合を決めた。五回に須藤の適時打で同点とし、七回は遠藤が三塁打の小島をかえして勝ち越し。八回も須藤、小林の2長打でリードを広げた。先発稲垣は2失点完投。

 太田工は初回に亀田の適時打、二回は長のソロで序盤に得点したが、四回以降は1安打だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事