夏シード狙え 春季関東高校野球県予選 来月13日に開幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 高校野球の第71回春季関東地区大会群馬県予選の組み合わせ抽選会が15日、前橋工高で開かれ、67校61チーム(四ツ葉中等・玉村・尾瀬と榛名・富岡実・下仁田・松井田・板倉は連合)の対戦相手が決まった。昨秋優勝の前橋育英は伊勢崎清明、農大二など実力校がひしめくブロックに入り、第2シードの桐生第一のブロックは桐生、高崎商など公立伝統校が集まった。春連覇を狙う健大高崎や公立校で昨秋唯一4強の渋川青翠の戦いぶりも注目だ。

 4月13日に開幕し、5月4日の決勝まで高崎城南を中心に8球場でトーナメントを展開する。上位2校は関東大会(5月18~22日、埼玉)に出場し、8強が夏のシード権を得る。


 ※詳しい勝ち上がり表はこちらをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事