《2回戦》高経附 緊迫の投手戦制す 安中総合に1―0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安中総合-高経附 9回裏高経2死二、三塁、サヨナラの中前適時打を放ち、ナインと喜ぶ荒居(右から2人目)=高崎城南

 ▽2回戦
安中総合
 000 000 000―0
 000 000 001x―1
高経附


 ○…高経附が投手戦を制した。先発右腕の萩原は変化球を主体に打たせて取る投球。相手打線を100球で4安打完封した。攻撃は最終回、四球と樺沢の安打の後、荒居が適時打を放って勝負を決めた。

 安中総合は三回、伊藤が三塁打を放ったが、後が続かず。好投の清水を援護できなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事