《春季関東高校野球県予選》夏シード懸けきょう3回戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 高校野球の第71回春季関東地区大会県予選第7日は24日、県内4球場で3回戦8試合を行い、8強が決まる。勝ち上がれば夏の群馬大会のシードが得られるだけに、重要な一戦となる。3季連続頂点を狙う前橋育英は2試合1失点の常磐と対戦する。第2シードの桐生第一には2回戦で19安打22得点と打線好調の富岡が挑み、連覇を目指す健大高崎は投打のバランスが良い前橋工とぶつかる。ノーシード勢の対決も注目で、秋4強の渋川青翠を破った高経附が2試合連続で接戦を制し勢いに乗る館林商工と戦う。2回戦で前橋に打ち勝った市太田と2試合連続で大勝した桐生南の一戦も面白い。


 ※詳しい勝ち上がり表はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事