《春季関東高校野球》健大高崎 沈黙 専大松戸に完封負け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
健大高崎―専大松戸(千葉) 5回を投げ1失点とした健大の先発笹生=さいたま・県営大宮公園野球場

 【埼玉=大橋周平、越谷奈都美】高校野球の第71回春季関東地区大会は18日、さいたま市の県営大宮公園野球場などで開幕し、1、2回戦5試合を行い、群馬2位の健大高崎は2回戦で専大松戸(千葉2位)に0―2で敗れた。群馬1位の前橋育英は19日午後0時半から、同市営大宮球場で行う2回戦から登場し、東海大相模(神奈川1位)と戦う。

 ▽2回戦
健大高崎(群馬2位)
 000 000 000―0
 000 101 00×―2
専大松戸(千葉2位)


 ○…健大高崎は打線が3安打と沈黙して完封負け。七回1死から4番伊藤、柳沢の連打で一、二塁の好機をつくったが、併殺に終わった。安打や死球などで3度先頭打者が出塁するも、三塁に進めなかった。

 先発笹生は長短7安打を浴びながら、5回1失点の粘投。吉井と藤原も計3回を2安打1失点に抑えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事