《1回戦》前橋南 流れで打ち勝つ 高崎工に6-3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高崎工―前橋南 5回裏前南1死二、三塁、関口幸の中前打で武井がかえり勝ち越し。捕手江原、球審平形=高崎城南

 ▽1回戦(高崎城南)
高崎工
 000 120 000-3
 101 031 00×-6
前橋南


 ○…前橋南が打ち勝った。五回、二塁打の須田隼が敵失で生還。1死一塁から田中、関口幸の連打などで2点追加した。六回は渡辺、須田雄の連打を足場に小船のスクイズで差を広げた。

 高崎工は五回、佐藤の中前打を起点に長瀬、山下の適時打で一時勝ち越したが、及ばなかった。

「良い形が出せた」高崎工・長瀬司侍かずと主将の話
 最後まで諦めず、自分たちの一番良い形が出せたと思う。スタンドの応援が力になった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事