《1回戦》前橋東 粘り強く再逆転 沼田に5-3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前橋東―沼田 7回表前東2死三塁、打者黒瀬の時、捕逸の間に三走栗原がかえり勝ち越し=高崎城南
甲子園でバッテリーを組んだ前橋東の小暮監督(左)と沼田の松下監督

 ▽1回戦(高崎城南)
前橋東
 101 010 200-5
 000 300 000-3
沼 田


 ○…前橋東が再逆転で粘り強さを見せた。五回は鹿沼の二塁打と3四死球で同点に追い付いた。七回は栗原の三塁打と捕逸で勝ち越し、四球の黒瀬が二盗、赤石の内野安打で加点した。

 沼田は四回に加藤、守谷、鈴木、林亮の4連打と犠飛で3点を挙げたが、その後は好機に打てなかった。

「点取れうれしい」沼田・林亮良あきら主将の話
 連打で点を取った四回はうれしかった。最後まで一緒に戦ってくれてありがとう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事