《1回戦》桐生南 序盤にがっちり 藤岡工に6-2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
藤岡工―桐生南 8回を3安打零封した横塚=上毛新聞敷島
後輩にエールを送る藤岡工OB

 ▽1回戦(上毛新聞敷島)
藤岡工
 000 000 002-2
 011 103 00×-6
桐生南


 ○…桐生南が快勝した。二回、安打で出た松下が盗塁、敵失で三塁へ進み、坂口竜の適時打で先制。六回は、北村の内野安打と大沢駿の本塁打で3点を挙げた。先発横塚は8回を零封した。

 藤岡工は九回、間渕の適時二塁打と島野の適時打で反撃したが、及ばなかった。

「もっと競れた」藤岡工・島野凜主将の話
 もっと競った試合ができたと思う。部員数は少なかったが、チームワークは良かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事