《2回戦》桐生第一 主戦が完封勝利 中央中等に3-0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桐生第一―中央中等 中央中等打線を5安打完封した桐一の杉山=上毛新聞敷島
涙をこらえて整列する中央中等の保坂記録員(右)

 ▽2回戦(上毛新聞敷島)
桐生第一
 000 300 000-3
 000 000 000-0
中央中等


 ○…桐生第一の主戦杉山が完封勝利。初回に1死満塁のピンチをしのぐと、以降は散発5安打に抑えた。打線は四回1死一塁から内田の左中間二塁打と山口の犠飛などで3点を先取した。

 中央中等は初回に3四死球、五回に川島の左越え二塁打で得点圏に進んだが、後続が倒れた。

「悔いはない」中央中等・清水泰良主将の話
 打倒私学を果たせなかったのは残念だが、6年間やってきたことに悔いはない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事