《2回戦》桐生工 追撃を許さず 利根実に6-4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桐生工―利根実 3回表桐工2死一塁、蛭間の右越え二塁打で一走鈴木が一気に本塁を突き2点目=高崎城南

 ▽2回戦(高崎城南)
桐生工
 101 300 100―6
 103 000 000―4
利根実


 ○…中盤逆転した桐生工が追加点を与えず逃げ切った。初回に関口の左前打で先制。逆転を許した直後の四回表は、高木が3ランを放ち再逆転した。七回は蛭間の適時三塁打で突き放した。

 利根実は三回に松本、原沢、星野の3連打などで3点奪ったが、以降は打線が沈黙した。

「最後まで元気に」利根実・津久井陸主将の話
 支えてくれた人に申し訳ない。負けていても最後まで元気を出してやれたのは良かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事