《2回戦》桐生商 球都対決粘り勝ち 桐生に4-3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桐生―桐生商 9回裏桐商2死二、三塁、代打疋田が周東をかえすサヨナラ打を放つ=上毛新聞敷島
打席の仲間に声を掛ける桐生の板橋京汰(右)

 ▽2回戦(上毛新聞敷島)
桐 生
 010 020 000―3
 011 001 001x―4
桐生商


 ○…球都対決を桐生商が粘り強く制した。同点の九回2死から周東の中前打と内野ゴロ敵失で二、三塁とし、代打疋田の左前打で勝負を決めた。五回途中から継投の大沼が1安打無失点の好投。

 桐生は五回、板垣の右前打などで2死満塁とし、津久井の2点中前打で逆転したが、逃げ切れなかった。

「みんな力が付いた」桐生・原弘樹主将の話
 初戦はサヨナラ勝ちし、今日は負けたが、終盤まで粘れたのはみんなの力が付いた証拠だと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事