《2回戦》市太田 じわりと加点 伊勢崎商に8-3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
伊勢崎商―市太田 2回裏市太1死三塁、中山が沼田をかえす右前打を放つ=上毛新聞敷島

 ▽2回戦(上毛新聞敷島)
伊勢崎商
 000 000 300―3
 220 022 00×―8
市太田


 ○…市太田が中盤までの攻勢で快勝した。初回、加藤、武井の長短打から満塁とし、武藤、木村彪の連続犠飛で2点先取。二回に沼田、中山の適時打、五回にも中山の2点打で加点し差を広げた。

 伊勢崎商は七回、四球や敵失を足場に橋本、細谷、岩沼が適時打を放ったが及ばなかった。

「諦めず戦った」伊勢崎商・城田元主将の話
 力負け。終盤の反撃は負けたくないという気持ちが一つになった。最後まで諦めず戦った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事