《3回戦》高崎商大附 終盤に地力発揮 前橋南に5-0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前橋南―高崎商大附 8回裏商大附無死一塁、宮一が狩野をかえす適時三塁打を放つ=高崎城南
集中して打席に入る前橋南の関根

 ▽3回戦(高崎城南)
前橋南
 000 000 000-0
 000 001 13×-5
高崎商大附


 ○…高崎商大附が終盤に地力を発揮。六回、先頭で出た山本を三塁まで進め、宮一が適時打を放って先制。七、八回にも加点して逃げた。先発堀野は8回を4安打無失点に抑え、継投の遠藤が締めた。

 前橋南は七回、須田隼、武井の連打などで1死二、三塁としたが、得点はならなかった。

「全力で戦えた」前橋南・関口幸翔主将の話
 構えず全力で戦えた。いつも通りに試合ができた点は良かった。いい試合でも負けは負け。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事