《3回戦》関学附 圧倒の完封劇 桐生工に7-0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関学附―桐生工 けがから復帰し、5回を1安打無失点と好投した関学附の先発藤家=高崎城南

 ▽3回戦(高崎城南)
関学附
 002 310 1-7
 000 000 0-0
桐生工
(七回コールド)


 ○…関学附が10安打で圧倒した。三回1死から死球を足場に中軸の河田、鎌田、貝原の3連続長短打で2点を先制。七回にうてなの右前打で7点差に広げた。藤家、松永の継投で無失点に抑えた。

 桐生工は二回に加藤、七回に蛭間がともに左前打を放つも後続が倒れ、1点が遠かった。

「相手が一枚上手」桐生工・矢部秋人主将の話
 相手の実力が一枚上手だった。共に過ごした3年生にありがとうと伝えたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事