《3回戦》桐生第一 逃げ切り勝ち 高崎北に6-4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高崎北―桐生第一 8回裏桐一2死三塁、斉藤が右中間を破る長打を放ち、ランニング2点本塁打とする=上毛新聞敷島

 ▽3回戦(上毛新聞敷島)
高崎北
 000 000 013-4
 110 010 12×-6
桐生第一


 ○…桐生第一が辛くも逃げ切った。初回、死球と盗塁などで1死三塁とし、広瀬の適時二塁打で先制。五回に山口がソロ、八回に斉藤が2ランを放つなど着実に得点を重ねた。

 高崎北は終盤、熊井戸が2度の適時打で3打点を挙げる追い上げを見せたが逆転できなかった。

「いい試合できた」高崎北・須藤響也主将の話
 秋に大敗した桐生第一とここまで力の差が縮まり、いい試合ができた。後輩も堂々と強豪校に立ち向かってほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事