《準々決勝》前橋商 後半に本領発揮 樹徳に6-3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
樹徳―前橋商 7回裏前商1死二塁、橋本輔の中越え三塁打で東海林がかえり5点目=上毛新聞敷島
樹徳―前橋商 2回表樹徳1死満塁、今福の適時二塁打で生還し、仲間に祝福される二走高橋(左)と三走須田=上毛新聞敷島
樹徳―前橋商 5回裏1死二、三塁、井上が長尾、西岡をかえす中越え二塁打を放ち2点目

 ▽準々決勝(上毛新聞敷島)
樹 徳
 030 000 000-3
 000 031 20×-6
前橋商


 ○…前橋商が逆転勝ち。五回に井上の2点二塁打と押し出し四球で追い付き、六回、長尾の左前打から1死二塁として市場が勝ち越しの中前打を放った。七回には東海林、橋本輔、小松の長短3安打で差を広げた。

 樹徳は二回、高橋の適時打と今福の2点二塁打で3点先取したが、以降は前橋商の継投に封じられた。

「諦めず戦えた」樹徳・須田樹主将の話
 終盤に崩れてしまったが、最後まで諦めずに戦えた。後輩は甲子園を狙って頑張ってほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事