育英が聖地で守備確認 甲子園きょう組み合わせ決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
練習開始のサイレンとともにグラウンドへ駆け出す前橋育英の選手たち=甲子園

 【甲子園=越谷奈都美】高校野球の第101回全国選手権(6日開幕、甲子園)に出場する前橋育英は2日午前、甲子園練習に臨んだ。選手は引き締まった表情で聖地に足を踏み入れ、初戦に向けて黒土や芝の感触を確かめた。

 練習は例年より10分短い20分間。打撃練習は行わず、荒井直樹監督のノックで身上とする守備の練習に励んだ。昨年は三塁手として出場した二塁剣持京右は「戻ってこられてよかった。サードよりみんなが良く見えるので、本番は応援に負けないような大きい声で指示を出す」と話した。

 三塁山田祥は、今回初めて憧れのグラウンドに立ち「ずっとここでプレーしたかった」と目を輝かせた。練習の最後には打席に立ってマウンドとの距離感を確認。「少し遠く感じるから、試合では打席の前に立ってみようかな」と考えていた。

 グラウンド整備の時間を利用して、投手陣はマウンドから投球練習した。主戦梶塚彪雅は20球ほど投げ、正捕手の須永武志が「いいストレートがきていた」と手応えを得ていた。

 午後は兵庫県西宮市の鳴尾浜臨海野球場で約2時間練習、打撃やランニングのメニューをこなした。対戦相手を決める組み合わせ抽選会は3日午後4時から大阪市内で行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事