前橋育英 初戦敗退 国学院久我山に逆転許す 夏の甲子園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国学院久我山(西東京)に敗れ、悔し泣きする前橋育英ナイン=甲子園
(左から)国学院久我山―前橋育英 1回裏、先制三塁打を放ち、ガッツポーズする育英の剣持=甲子園、6回裏前橋育英2死二塁、森脇が左中間に適時二塁打を放つ
ベンチ前に整列してグラウンドにあいさつする前橋育英ナイン

 【甲子園=広沢達也、中里圭秀、越谷奈都美】第101回全国高校野球選手権第3日は8日、兵庫県西宮市の甲子園球場で1回戦を行い、4年連続5度目の出場となった前橋育英は5―7で国学院久我山(西東京、28年ぶり3度目)に敗れた。

 育英は序盤、攻撃で主導権を握った。一回に剣持京右の三塁打で先制し、二回も敵失絡みで1点を加えた。一時、同点とされるものの、五回に剣持、須永武志、梶塚彪雅ひょうがの3連続安打などで2点、六回は森脇真聡が適時二塁打を放ち、再び優位に立った。

 だが終盤は守備の乱れもあって相手の攻撃を抑えきれず、七回に逆転を許した。荒井直樹監督は「守りを重視しているチーム。そこを徹底できず、流れをつかめなかった」と語った。

 一塁側の育英スタンドには約530人が駆け付け、最後まで勝利を信じて声援を送った。

 ▽1回戦
国学院久我山(西東京)
002 001 310-7
110 021 000-5
前橋育英
(久)高下―宮崎
(前)梶塚、阿部―須永
(13時35分、28000人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事