熱い声援 最後まで 前橋育英悔敗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
声援を送る前橋育英スタンド=甲子園

 第101回全国高校野球選手権大会で前橋育英高の初戦が行われた8日。甲子園球場の育英側アルプススタンドには、生徒や卒業生、保護者ら学校関係者約530人が駆け付けた。猛暑に負けず、最後まで力強い声援を送った。

 保護者が集う一角では南牧村から来た市川貴大選手の祖父、圭三さん(76)が応援していた。同校が全国優勝した2013年夏の甲子園で貴大選手と共に観戦し、その際に「(高校生になったら)じいちゃんを連れてきてくれ」と約束したという。「約束を守ってくれた。目標を持てば、すごいことができるんだ」とうれしそうに話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事