《2回戦》健大高崎 初回に主導権 太田に10-1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
健大高崎―太田 1回表健大2死二塁、戸丸が中田をかえす二塁打を放つ=上毛新聞敷島

 ▽2回戦(上毛新聞敷島)
健大高崎
 500 010 4―10
 000 000 1―1
太 田
(七回コールド)


 ○…健大高崎が初回の大量得点で主導権を握った。伊計、玉栄、小沢の3連打や戸丸の二塁打などで一挙5点。先発下は5回を投げ、10連続を含む12奪三振で走者を出さなかった。

 太田は七回、糸井達、伊藤、桜井の連打で無死満塁としたが、川緑の犠飛の1点に終わった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事