《秋季関東高校野球県予選》桐生第一が13年ぶり7度目の制覇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桐生第一-前橋育英 13年ぶり7度目の優勝を決めて喜ぶ桐一=桐生

 高校野球の第72回秋季関東地区大会群馬県予選最終日は29日、桐生球場で決勝と3位決定戦を行い、決勝は桐生第一が前橋育英を4―1で破り、13年ぶり7度目となる秋季の頂点に立った。県大会の優勝は、2008年夏季以来。3位決定戦は健大高崎が樹徳を8―1の七回コールドで破り、2年ぶり8度目の関東大会出場を決めた。

 来春の選抜甲子園出場の重要な選考資料となる関東大会は10月19日に開幕し、同27日まで上毛新聞敷島と高崎城南の両球場で7県の代表15チームが戦う。地元開催のため、群馬からは例年より1枠多い県予選上位3校が出場する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事