《3位決定戦》健大高崎 好調に打線つなげる 樹徳に8―1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
健大高崎―樹徳 7回表健大2死一、二塁、右越えの2点三塁打を放ち、ガッツポーズする戸丸
健大高崎―樹徳 1回裏樹徳1死二塁、石井の中越え三塁打で同点のホームを踏み、仲間と喜ぶ二走高田
健大高崎―樹徳 6回表健大1死二、三塁、中田のスクイズで三走木川が勝ち越しのホームを踏む=桐生

 ▽3位決定戦(桐生)
健大高崎
 100 002 5―8
 100 000 0―1
樹 徳
(七回コールド)


 ○…健大高崎は中盤以降、打線がつながった。六回1死二、三塁から、中田のスクイズで勝ち越し。七回は三塁打の小沢、戸丸ら打者9人で5点を加えた。投げては下、長谷川の継投で4安打1失点に抑えた。

 樹徳は1回1死二塁から、石井の三塁打で同点。以降は散発2安打で、粘投の柏崎を援護できなかった。

◎機動破壊で樹徳を圧倒…健大高崎
 3位決定戦は「機動破壊」が代名詞の健大高崎が中盤以降、小技や足を絡めた攻撃で樹徳に揺さぶりを掛け、七回コールド勝ちに持ち込んだ。青柳博文監督は「最後は相手を崩すうちらしい野球ができた」と納得の表情だった。

 同点で迎えた六回、わずか8球の間に2点のリードを奪った。1死二塁から橋本脩生が「相手が落ち着く前に流れを呼び込もう」と初球を三塁方向へプッシュバント。内野安打として出塁すると、直後に迷わず二盗を決めた。続く中田隼哉の「100点の出来」という絶妙なスクイズで勝ち越しに成功。さらに戸丸秦吾主将の三ゴロが敵失を誘い、1点を加えた。

 一挙5得点の七回も、先頭戸沢昂平のセーフティーバントが起点。主戦左腕の下慎之介が連投だったこともあり、戸沢は「どんな形でもいいから出塁して助けたかった。チームプレーに徹したことが結果につながった」と振り返った。

 地元開催で1枠増えた関東大会の出場権を獲得。下は「群馬で優勝できなかったが選抜に行けないわけじゃない。3位からはい上がる」。日本一の目標を諦めるつもりはない。(越谷奈都美)

◎樹徳の1年生右腕・柏崎 初先発 失点も手応え
 樹徳の1年生右腕柏崎日祐ひゆうはこの試合が初先発。スタミナ不足で七回に崩れ集中打を浴びたが、「初戦より大胆に投げられた」と手応えをつかんだ。

 普段は打たせて取る投球が軸だが、タイミングをうまくずらして三振を取ることができ、「自分の球にもいいところがある」と自信を得た。

 ファーストストライクから振る健大打線は「正直怖かった」と苦笑い。それでも足を使ったプレーを阻止するため、打者の首の動きや間の取り方を観察し「考える投球ができるようになった」と成長を実感した。井達誠監督は「野球偏差値が高い。これから軸になる選手」と期待を込めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事