《決勝》桐生第一 守り切って追随許さず 前橋育英に4―1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桐生第一-前橋育英 13年ぶり7度目の優勝を決めて喜ぶ桐一=桐生
桐生第一―前橋育英 7回表桐一2死一塁、二盗を阻止する育英の遊撃野村(左)

 ▽決勝(桐生)
桐生第一
 030 010 000―4
 100 000 000―1
前橋育英


 ○…桐生第一が守り切って勝った。二回1死一塁、星野の適時二塁打で同点とし、続く鈴木が適時三塁打を放ち敵失の間に生還。五回は曽我がソロを放ち差を広げた。投げては宮下が8安打1四球で完投した。

 前橋育英は初回、野村の犠打などで1死三塁とし、諸田の犠飛で先制したが、その後は本塁が遠かった。

◎2人の主将 中心に団結…桐生第一
 桐生第一が13年ぶりの王座奪還を果たした。新チーム発足後、まとまりを欠いた時期があっただけに、今泉壮介監督は「本当に頑張った」と感無量だった。

 主将は広瀬智也と福士信晃の2人体制。広瀬は「初めはみんな自分勝手だった」と振り返る。だが「主将が行動で示そう」とあいさつから徹底、徐々に成果がでて「勝ち進むごとに団結していった」(福士)。

 主戦宮下宝は初回に失点を許すも、その後は無四球と安定。捕手の星野綜汰と研究して決めた外角中心で打たせて取る配球が奏功。焦っても「仲間が声をかけてくれた」と感謝した。

 二回に打線が流れをつかんだ。1死一塁で7番星野は「宝を助けたい」と右中間に同点の二塁打。続く鈴木陵斗が強打した打球は左中間を破り、敵失の間に「おりゃー」と叫び本塁を踏んだ。

 最終回、野選で1死一、二塁のピンチになると、ナインがマウンドに集まり伝令の福士が駆け付けた。「自信もっていけ」。このひと言を力に、併殺で締めた。

 広瀬は「最高の形」と頬を緩ませた。群馬1位は関東大会の初戦が準々決勝となるため、夢の甲子園“当確”まであと1勝。「みんなで死にもの狂いで勝つ」と、鋭いまなざしで宣言した。(時田菜月)

◎前橋育英・リリーフ細野 4回を無安打
 前橋育英は六回から継投の右腕細野力輝百りきとが4回を無安打無失点。5季連続の県王者こそ逃したものの、荒井直樹監督は「粘り強く、良いピッチングだった。関東大会に向けての好材料」と手応えを口にした。

 準決勝の健大高崎戦では、1年生エース菊池楽と武藤翔也の左腕2人が完封リレー。細野は「2人が頑張った分、気合が入っていた」と好投につなげた。野手も決勝で3併殺と投手陣をもり立て、須永武志主将は「新チームになったばかりの頃は、全然守れなかった。守備で粘れるようになって、成長を感じる」と前向きだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事