秋季関東高校野球 桐生第一と健大高崎が4強 来春の選抜有力に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(上)桐光学園を下して4強入りし、応援スタンドへあいさつに向かう桐生第一ナイン=上毛新聞敷島、(下)三走橋本脩(左から5人目)がサヨナラの本塁を踏み、喜ぶ健大高崎ナイン=高崎城南

 第72回秋季関東地区高校野球大会は21日、上毛新聞敷島と高崎城南の2球場で準々決勝4試合を行った。群馬県予選1位の桐生第一は桐光学園(神奈川2位)に10―4で大勝、3位の健大高崎は西武台(埼玉2位)に3―2でサヨナラ勝ちし、それぞれ4強入りした。両校は来春の選抜甲子園出場が有力となり、群馬県勢で史上5例目、3年ぶりとなる2校出場の可能性が高まった。準決勝は26日、上毛新聞敷島で行い、桐生第一が山梨学院(山梨1位)、健大高崎が東海大相模(神奈川1位)と対戦する。

◎史上5例目、3年ぶり同時出場なるか
 桐生第一は三回に先制を許したが、四回に加藤真樹朗のスクイズと中島優月の満塁本塁打、大畠岳の犠飛で6点を奪って逆転した。七回は中島と星野綜汰が連続適時打を放ち、八回は広瀬智也の2点適時打でダメ押しし、桐光学園を突き放した。

 健大高崎は初回に小沢周平の適時二塁打で先制。二回に山畑陸のスクイズで1点加えたが、三回に追い付かれた。同点のまま迎えた最終回、2死満塁をしのぐと、裏の攻撃で四球を選んだ橋本脩生が下慎之介の犠打と戸丸秦吾の安打で三塁に進み、内野失策の間にサヨナラのホームを踏んだ。

 関東地区大会の結果は選抜大会の出場校選考の参考となる。ベスト4が選出ラインとされている。関東は2017年に前橋育英と健大高崎が同時出場し、東京勢も2校が選出された。18、19年は神奈川県勢が2校選出された。一つの都県から複数校が選出されることは珍しくない。選抜大会出場となれば、桐生第一は4年ぶり6度目、健大高崎は3年ぶり4度目の春の甲子園となる。

《準々決勝 その他の試合結果》

東海大相模(神奈川)
200 060 220―12
040 000 200―6
習志野(千葉)
▽本塁打 西川、吉沢(以上東)桜井(習)

花咲徳栄(埼玉)
001 000 000―1
000 110 00×―2
山梨学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事