《秋季関東高校野球》健大高崎 五回に一気 東海大相模に8-2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東海大相模(神奈川)―健大高崎 5回裏健大無死満塁、山畑が橋本脩、下をかえす2点中前打を放つ=上毛新聞敷島

 ▽準決勝
東海大相模(神奈川1位)
100 010 000―2
000 051 20×―8
健大高崎


 ○…健大高崎が中盤のビッグイニングで試合の流れを変えた。2点を追う五回無死満塁から山畑の2点中前打や古滝のスクイズなどで5点を奪い逆転。六回は戸丸のスクイズで1点、七回は小沢、木川、山本の3連打で2点と攻め立てた。

 投げては先発下が6安打2失点で完投。六回以降は二塁を踏ませなかった。

◎攻守に骨太さ 下克上V狙う…健大高崎
 敷島に再び下克上の風が吹いた。健大高崎が常総学院(茨城1位)に続き、今夏甲子園メンバーが残る優勝候補筆頭の東海大相模を撃破。県3位で滑り込んだ関東大会で、神宮切符に王手を掛けた。先発下慎之介は序盤の失点にリズムを崩さず力投、打線も相手守備が乱れた五回以降に畳み掛けるなど、攻守に骨太さを増している。

 大会屈指の相模打線に対し、左腕の下は恐れず内角を突いた。「中学から生命線」と自負するスライダーで右打者の内を突き、外の直球やスプリットを効果的に使った。「これまでの健大に欠けていた絶対的エース」にまた一歩近づいた。

 五回の攻撃は7番下、8番戸丸秦吾のバントが安打となった好機を生かした。9番山畑陸は「流れを切らせない」と初球高めをうまく振り抜き2点中前打。4番安斎駿斗は、好調の3番小沢周平が敬遠気味に歩かされた2死一、二塁に「なめるな。意地でも打つ」とやはり初球勝負で大会初安打を放ち、4点目を挙げた。

 戸丸主将は「(近年の夏大会は)粘り弱くて負けた」と考え、プレーの確実性と終盤の粘りを復権の鍵と見ている。「好機を逃して苦戦した西武台の反省があり、状況に応じて打撃を変えられた」と五回以降の攻撃に手応えを覚えた。勢い任せでないところに新生健大の真価はある。(田中暁)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事