伊勢崎清明高を表彰 選抜高校野球21世紀枠に推薦で県高野連
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
県高野連の二渡会長から表彰状を受け取る伊勢崎清明の長瀬主将=同校

 群馬県高野連は25日、第92回選抜高校野球大会(来年3月開幕、甲子園)の21世紀枠の県推薦校に決まった伊勢崎清明を表彰した。二渡諭司会長らが学校を訪れ、野球部の長瀬晴人主将に推薦の趣旨などが書かれた表彰状を手渡した。

 清明は2005年の創部ながら14年夏の全国選手権群馬大会で決勝に進出。直近3年間の県内9大会で8強以上に5度進んでいる。二渡会長は「皆さんの日ごろの取り組み、練習の成果が花開いた各大会での実績が評価された」とたたえた。

 表彰状を受け取った長瀬主将は「歴代の先輩方の実績や地域で支援してくれた方々のおかげ。推薦に恥じない行動を取る」と気を引き締めた。今秋の関東大会県予選で主戦投手を務めた加川航平は「みんなで力を合わせて甲子園に行きたい」と声を弾ませた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事