藤岡中央 吉報待つ センバツ21世紀枠候補 関東東京代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古平監督から21世紀枠の候補に選ばれたことを告げられる藤岡中央ナイン

 日本高野連は15日、第90回選抜高校野球大会(来年3月23日から13日間・甲子園)の21世紀枠候補9校を発表し、関東・東京地区は群馬県推薦の藤岡中央が選ばれた。甲子園に出場する3校は一般選考の33校(神宮大会枠を含む)とともに、来年1月26日の選考委員会で決まる。県勢が最終選考に進むのは2014年の富岡以来3度目で、21世紀枠での出場はまだない。

 「これまで以上に、責任と感謝の気持ちを持って行動しよう」。午後6時半すぎ、同校グラウンドに集まったナインに古平一貴監督が選出を伝えた。2年生はこの日、関西への修学旅行から帰ってきたばかり。旅先でも話題になっていたといい、ナインは指揮官の言葉に気を引き締めた。

 この日を楽しみにしていた下田匡希主将は「藤岡から甲子園に行くのが夢だった。あと一歩のところまできてうれしい」と喜んだ。エース門馬亮は「(甲子園が決まれば)自分の投球をアピールするいい機会でうれしい。地に足を着け、やるべきことをやっていきたい」と力を込めた。

 同校は2005年創部。マネジャーを含む現部員24人の約8割が藤岡市民で、地元公立校で甲子園を目指そうと集まった。今秋の関東大会県予選では、昨夏から3季連続で甲子園に出場した前橋育英を準々決勝で破り、創部以来初の4強入り。前身の藤岡時代を含めても甲子園の経験はなく、地域の期待も大きい。

 市川敏美校長は「学校としても歴史的なこと。地域の応援や支えがあったからこそで、さらに喜んでもらえるチームになってほしい」と期待を寄せた。

 藤岡中央以外に選ばれたのは函館工(北海道)、由利工(東北=秋田)、大垣西(東海=岐阜)、金津(北信越)、膳所(近畿=滋賀)、下関西(中国=山口)、高知追手前(四国)、伊万里(九州=佐賀)で、全て公立校。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事