《群馬県高校野球大会》夏公式戦初のタイブレークで大泉が勝利
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

 全国高校野球選手権群馬大会に代わる県高校野球大会第4日は26日、上毛新聞敷島など4球場で1回戦8試合を行い、桐生南が7-1で高経附を下した。

 夏の県公式戦初となるタイブレークに突入した大泉―桐生西は、大泉が延長十一回に3-2でサヨナラ勝ち。高崎は3-1で中央中等に、館林は5-1で沼田を下した。常磐、前橋東、渋川青翠、大間々はコールド勝ち。

 大会第5日は27日、上毛新聞敷島、桐生、グレースイン前橋市民の3球場で1回戦残り4試合と2回戦2試合を行う。

 高校野球の詳細はこちら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事