《2回戦》伊勢崎清明 一丸で引き離し 西邑楽に7―2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西邑楽―伊勢崎清明 2回裏清明2死二塁、根岸の中前打で生還し、ベンチ前で迎えられる藤田=桐生

 ▽2回戦(桐生)
西邑楽
 000 000 110―2
 050 000 02×―7
伊勢崎清明


 ○…伊勢崎清明が終盤の追加点で勝負を決定付けた。3点先行の八回、山田の右前打を足場に2死二、三塁とし、山本の2点左前打で引き離した。二回は藤田、根岸の連打や敵失で一挙5点。

 西邑楽は七回に樋口の適時打で、八回は暴投の間に1点ずつ返したが、反撃もそこまでだった。

「楽しい雰囲気で」 西邑楽・塚越遥都主将の話
 最後まで楽しい雰囲気で試合をした。みんなの支えでしんどいことを乗り越えられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事