《2回戦》渋川青翠 延長で粘り勝ち 大泉に2―1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大泉―渋川青翠 延長10回裏青翠2死満塁、伊藤が村田をかえす内野安打を放ちサヨナラ=上毛新聞敷島
大泉―渋川青翠 エース同士の意地をぶつけ合い力投する大泉の折尾=上毛新聞敷島

 ▽2回戦(上毛新聞敷島)
大泉
 000 000 001 0―1
 000 001 000 1x―2
渋川青翠
(延長十回、十回からタイブレーク)


 ○…渋川青翠が延長十回タイブレークの熱戦を制した。無死一、二塁から始まる十回表の守りは、先発萩原が2者連続三振など3者凡退で無失点。裏の攻撃は2死満塁とし、伊藤の適時内野安打でサヨナラ。

 大泉は九回、河西の左前打を足場に田部井、駒田、長島の連打で追い付くも逆転できなかった。

「精神面強くなれた」 大泉・河西柊馬主将の話
 逆転したかったが、九回に追い付けたことは成長の証。チーム全体として精神面で強くなれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事