《3回戦》伊勢崎清明 八回に集中打 市太田に9―4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
市太田―伊勢崎清明 8回裏清明2死一、二塁、飯塚が長瀬をかえす右前打を放ち7点目。捕手武智、球審吉沢=高崎城南

 ▽3回戦(高崎城南)
市太田
 120 000 010―4
 121 010 04×―9
伊勢崎清明


 ○…伊勢崎清明が逃げ切った。同点の三回、飯塚の適時二塁打で1点追加。五回、先頭で出た飯塚を清水の犠打と大沢の内野安打でかえし決勝点となった。八回は5安打4得点で突き放した。

 市太田は八回、左前打の半田を敵失と石関の犠飛でかえし4点目を挙げるも、及ばなかった。

「日々の甘さ出た」 市太田・木村公信主将の話
 積極的に振ることはできたが、決まり事を徹底できなかった。日々の甘さが出てしまったと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事