《3回戦》前橋商 猛攻でコールド 明和県央に11―1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
明和県央―前橋商 4回を投げ被安打2と好投した前商の先発茂田=グレースイン前橋市民

 ▽3回戦(グレースイン前橋市民)
明和県央
 000 001―1
 201 512x―11
前橋商
(六回コールド)


 ○…前橋商が14安打11得点の猛攻でコールド勝ち。初回は石原の内野ゴロや星野の適時打で2点先取。四回は石原の3点三塁打などで一挙5点。投手は茂田と伊藤の継投で1失点。

 明和県央は六回、敵失から好機を広げ、熊田の適時打で食らい付いたが巻き返せなかった。

「勝てず悔しい」 明和県央・相馬淳志主将の話
 最後勝てなかったのは悔しい。このチームで楽しく野球をできて良かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事