《群馬県高校野球大会》準々決勝8強激突 球数制限で投手起用注目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 全国高校野球選手権群馬大会に代わる群馬県高校野球大会は6日、上毛新聞敷島と高崎城南の両球場で準々決勝4試合を行い、4強が決まる。昨秋の関東王者健大高崎や夏4連覇中の前橋育英らシード6校、ノーシードから勝ち上がった桐生南と農大二の8強が激突する。

 3回戦(4日)から決勝(10日)までの4試合は、1日置きに試合が組まれる過密日程。今大会から1週間500球の投球数制限が適用されるため、各チームの投手起用にも注目だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事