健大高崎vs桐生第一 頂点へ激突 群馬県高校野球大会 きょう決勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(上)準決勝で前橋育英との熱戦を制した健大高崎、(下)安定した試合運びで準決勝の前橋商戦に勝利した桐生第一

 全国高校野球選手権群馬大会に代わる県高校野球大会第12日は10日午前9時から、上毛新聞敷島球場で決勝を行い、健大高崎と桐生第一が対戦する。健大高崎は5年ぶり4度目、桐生第一は12年ぶり10度目となる夏の県の頂点を目指す。

 健大は打撃が好調。8日の準決勝では前橋育英の好投手陣から14安打で11点を奪い逆転勝利した。上位や中軸だけでなく、下位からもチャンスをつくり、得点している。チーム打率は3割7分9厘と高水準。4試合で11盗塁と機動力を生かして好機を広げている。

 桐生第一は投手陣が安定している。準決勝までの4試合で失点は4。本格派右腕の蓼原慎仁は11回を投げ自責点1。準決勝の前橋商戦では6回から継投し、前商に反撃の隙を与えなかった。左腕の宮下宝は7回で自責点1。四死球2と少なく、大崩れしない。

 新型コロナウイルスの影響で、全国選手権(兵庫・甲子園)は中止となっており、優勝しても全国大会にはつながらない。ただし両校とも、中止となった春の選抜大会出場予定32校による交流大会に招待されており、16日に甲子園で試合を行う。


 【お知らせ】上毛新聞有料携帯サイト「じょうもばいる」で決勝の打席速報を実施します。URLは http://nm.jomo-news.co.jp/sp/index.php (スマートフォン・タブレット・携帯電話からお入りください)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事