《甲子園交流試合》健大高崎 好機生かせず 帯広農に1-4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
帯広農(北海道)―健大高崎 2回表帯広農2死満塁、谷口の右前打で生還する二走菅。捕手戸丸=甲子園
内野後方への打球を好捕する健大高崎の二塁橋本脩
六回から登板し、2回を無安打に封じた健大高崎の3番手朝井

帯広農(北海道)
 021 010 000─4
 010 000 000─1
健大高崎

(帯)井村、水上―村中
(健)下、長谷川、朝井、橋本拳、鈴木―戸丸

 ○…健大高崎は打線が好機を生かしきれなかった。2点先取された二回、2死二塁から戸丸の二塁打で1点返した。その後は七回まで毎回、先頭打者が出塁したが、3併殺や封殺などで無得点。

 投手は5人が継投。六回以降は朝井が2回、橋本拳、鈴木が1回ずつ投げて2安打無失点に抑えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事