《準々決勝》前橋商 終盤に粘り勝ち越し 樹徳に3-2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前橋商―樹徳 9回表前商2死一、二塁、内田が中曽根をかえす勝ち越しの左越え二塁打を放つ=桐生

 ▽準々決勝(桐生)
前橋商
 000 020 001―3
 000 101 000―2
樹徳


 ○…前橋商が息詰まる接戦を制した。同点の九回、中曽根、高田の内野安打で2死一、二塁とし、内田の左越え二塁打で勝ち越した。投手は茂田、筑田の継投で2失点に抑え、野手も無失策で援護した。

 樹徳は六回、3四死球で1死満塁とし、武藤のスクイズで同点に追い付いたものの、逆転できなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事