《準々決勝》桐生第一 土壇場で逆転勝ち 高崎商大附に3-2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桐生第一―高崎商大附 9回表桐一2死一、二塁、北村の右越え二塁打で同点の本塁を踏み、喜ぶ二走の三塚(右)。続いて一走の大川(左奥)がかえり逆転する=桐生
粘り強い投球を見せた高崎商大附の斎藤

 ▽準々決勝(桐生)
桐生第一
 001 000 002―3
 000 110 000―2
高崎商大附


 ○…桐生第一が最終回に底力を発揮して逆転勝ち。1点を追う九回、敵失や死球で2死一、二塁とし、北村が右越え2点二塁打を放った。投手は寺門、神宮、北村の継投で2失点。

 高崎商大附は五回、斎藤の中前打で三走鎌田がかえり逆転したが、守り切れなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事