秋季関東高校野球群馬県予選 健大高崎 零封リレーで5度目の優勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前橋商-健大高崎 大会初先発ながら6回無失点と好投した健大高崎の野中(右)と、気合十分の投球を見せた高松=桐生球場
前橋商―健大高崎 変化球を武器に粘り強く投げた前橋商の筑田=桐生球場

 高校野球の第73回秋季関東地区大会群馬県予選は4日、桐生球場で決勝を行い、健大高崎が5-0で前橋商を下して3年ぶり5度目の優勝を果たした。来春の選抜大会の選考資料となる関東大会は24日に千葉県で開幕し、群馬県代表として両校が出場する。組み合わせ抽選会は8日に東京都内で行う。

 高校野球特集はこちら

 ▽決勝(桐生球場)
前橋商
 000 000 000-0
 101 000 03×-5
健大高崎


 ○…健大高崎が守り勝った。初回、安打の堀江が盗塁で二進、小沢の右前打で先制。三回は吉里の犠飛で1点、八回は代打園山の三塁打などで3点追加し、引き離した。投手は野中、高松が5安打完封リレー。

 前橋商は三回から六回まで毎回走者を得点圏に進めたものの、後続が倒れて好機を生かせなかった。

◎野中がリズムつくり高松は隙を与えず…健大高崎
 大一番で健大高崎の投手陣が気を吐いた。自慢の打力で大量点を奪えず、終盤まで僅差の展開が続いたものの、粘る前橋商打線を抑えて頂点に立った。青柳博文監督は「遠ざかっていた優勝をつかめた。無失点で締め、関東大会に向けて良い材料になった」と喜びをかみしめた。

 大会初先発の野中駿哉がリズムを生んだ。投手として入部、昨秋に指導陣が高い打撃センスを見抜いて野手に転向した。現在は中軸を担い、投手と外野手の両輪で活躍する。この日はツーシームを低めに集めて、初回と二回は三者凡退。その後は六回まで毎回走者を得点圏に背負ったが、「内野からの励ましの声で強気を保てた」。重圧をはね返し、得意の変化球で次々と後続を打ち取った。

 七回からは、どんな場面でも動じない高松将斗が登板した。気合十分の右腕は雄たけびを上げてから投げ込み、打者10人を1安打4奪三振に仕留めて反撃の隙を与えなかった。

 この活躍に打線も奮起して、少ない好機を得点につなげた。八回1死二塁で代打に立った園山尋斗は3ボール1ストライクのカウントを踏まえ、甘く入ると読んだ5球目を強振。左中間への三塁打とし、4点目を奪った。「打撃練習で手を貸してくれた投手のために力を出したかった」

 優勝旗を手渡されてもナインの表情は引き締まったまま。小沢周平主将は「(選抜大会出場が濃厚になる)関東での2勝を目指す。さらに、優勝して2年連続の明治神宮大会行きを決める」。チームは新たな目標へスタートを切った。(斎藤大希)

◎前橋商・筑田 6回を粘投 好機に打線1本が出ず
 前橋商はこれまで中継ぎだった筑田歩夢を、決勝の先発マウンドに送った。強力打線の健大高崎を相手に、6回5安打5奪三振で2失点と好投。優勝は逃したが堂々とした立ち回りを見せた。

 横に大きく曲がるスライダーを武器に「低めに集めて振らせることができた」と、二回は二者連続空振り三振に仕留めた。準決勝で完投した茂田侑大との二枚看板で今大会を勝ち上がってきており、住吉信篤監督は「2人ともコースを突く変化球が良い。互いに切磋琢磨せっさたくましてほしい」と期待を込めた。

 打線は投手を援護できなかった。塚本啓太朗の中越え三塁打などで得点圏に進むも、あと1本が出ず苦しんだ。4番塩坪永勢主将は打撃力に加え、犠打など小技を課題として挙げ「サインプレーをチーム全体で徹底する」と語った。強豪との戦いで浮き彫りになった課題を修正し、11年ぶりの関東大会に挑む。(丸山朱理)

◎前橋商OBの監督対決に…大会前に「一緒に関東へ行こう」
 秋季関東地区大会県予選の決勝戦は、前橋商出身監督による対決となった。

 健大高崎の青柳博文監督が3年生への進級時に迎えた1990年の選抜大会に4番一塁で出場、前橋商の住吉信篤監督はその春に入学した。2人は今でも頻繁に連絡を取り合う仲。今大会の組み合わせ抽選で両校が反対側に配置され、「一緒に関東へ行こう」と電話で話し合ったという。

 青柳監督は母校を破っての勝利に「素直にうれしい。選手に感謝したい」、住吉監督は「公立チームとして近づけるよう目標にしたい」。公私の名監督が群馬県代表として関東大会に乗り込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事