秋季関東高校野球 健大高崎vs日本航空 前橋商vs常総学院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
(左)「関東大会でも自分たちの野球をしたい」と話す健大高崎の小沢主将、(右)「関東大会で4強入りして選抜出場を狙いたい」と意気込む前橋商の塩坪主将

 来春の選抜高校野球大会の重要な選考資料となる第73回秋季関東地区大会(24日~11月1日、千葉県)の組み合わせ抽選会が8日、東京都内で開かれ、出場15校の対戦相手が決まった。群馬1位の健大高崎は、大会初日午前10時半から日本航空(山梨2位)と対戦。群馬2位の前橋商は同日午後1時から常総学院(茨城2位)との試合に臨む。

 関東大会は10月24、25、27、31日と、11月1日の5日間。ZOZOマリンスタジアム(千葉市)、千葉県野球場(同)、柏の葉公園野球場(柏市)の3会場で実施する。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、試合は原則無観客で行うが、1、2年生部員1人につき保護者2人まで入場できる(入場料600円)。

 来春の選抜大会の出場枠は関東・東京地区で6枠が割り振られ、例年は関東大会で4強に入れば出場が有力になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事