《秋季関東高校野球》健大高崎 連覇へ王手 決勝は常総学院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
専大松戸―健大高崎 3回裏健大1死、左越えソロを放った桜井がかえり3点目=千葉県
本塁打を放った(左上から右下へ)桜井、森川、小沢、堀江、綱川

 【千葉=大橋周平、斎藤大希】高校野球の第73回秋季関東地区大会は31日、千葉市の千葉県野球場で準決勝2試合を行い、群馬県1位の健大高崎は9-2の七回コールドで専大松戸(千葉3位)を下して2年連続で決勝に駒を進めた。三~七回に毎回の5本塁打を放ち、毎回の14安打、毎回得点で圧倒した。決勝は1日午前10時から、同球場で常総学院(茨城2位)と対戦する。

 高校野球特集はこちら

 

▽準決勝
専大松戸(千葉3位)
 000 002 0―2
 111 131 1x―9
健大高崎(群馬1位)

(七回コールド)

 テーブルスコアはこちら

 ○…健大高崎がコールド勝ち。三~七回に上位から下位まで桜井、森川、小沢、堀江、綱川が本塁打1本ずつを放った。初回は堀江、吉里の連打を足場に先制し、五回には綱川の適時三塁打でも加点した。

 先発野中は5回を投げて5安打無失点と好投。野手も3併殺に仕留め、反撃の隙を与えなかった。

◎毎回得点 打線に勢い
 健大高崎の快音が止まらない。準々決勝まで2試合、いずれも2桁安打を放った打線が勢いに乗り、この日は5本塁打。専大松戸の好右腕を完全に打ち崩し、同校の持丸修一監督も「ここまで打たれたのは初めて」とお手上げだった。

 1発目は県予選の打率が6割を超えた3番桜井歩夢から。関東大会も準決勝まで5割7分1厘に達していた。2点リードの三回1死から、133キロの5球目を振り抜いて左翼席にたたき込んだ。「手応え十分だった。点差が離れていない場面で打てた」と笑みをこぼした。

 六回には1番堀江晃生が狙っていた低めの直球を強振、右越えソロとして8点目。練習試合では本塁打10本を放っているが、公式戦は初アーチだった。「地面とバットを平行にして、鋭くスイングすることを意識してきた。入った時は気持ち良かった」

 六回表に2点返されたものの、七回は8番綱川真之佑が今大会2本目の本塁打でコールド勝ちに持ち込んだ。この試合の5本を加え、2年生全員で通算200本超え。だが、「練習試合でも本塁打5、6本は出ている。特に驚くことではない」(小沢周平主将)。今後は300本を目標に定めている。

 接戦が予想された準決勝だったが、強力打線をさらに印象づける内容で乗り切った。青柳博文監督は「思った以上に(打線)活発で、びっくりしている。もう一つ勝ち、昨年に続いて優勝を果たす」。栄冠は、すぐそこだ。(斎藤大希)

◎圧巻の5イニング連続本塁打
 健大高崎の5本塁打の流れを生み出したのは3番桜井歩夢だった。2点先行した三回1死で直球を振り抜き、左翼席へ公式戦2本目となるソロを放った。これで刺激されたのは準々決勝に続きスタメン入りした6番森川倫太郎。四回先頭で打席に入ると、甘く入った初球を見逃さず、右翼席に運んだ。

 打線はとどまることを知らない。五回無死一塁で打席に立ったのは4番小沢周平主将だった。体勢を少し崩しながらも、放物線を描いたボールが右翼を柵越えした。続く六回には、リードオフマン堀江晃生がチーム4本目となるソロを繰り出し、七回に8番綱川真之佑の一発で試合を決めた。

◎3試合8併殺堅い守備光る
 ○…派手な打撃に目がいく健大高崎だが、関東大会は3試合で8併殺を奪い、堅い守りから攻撃のリズムを生んでいる。

 要因は全試合先発を務める野中駿哉の打たせて取る投球。この日も低めに変化球を集め、思いのままに。1死一、二塁のピンチを迎えた二回、無死一塁の三回はともに芯を外して6-4―3の併殺を完成させた。

 県予選後、守備の修正を図ってきただけに、青柳博文監督は「二遊間を中心にしっかり守れている。安心して試合を見ていられた」と安堵あんどの表情を浮かべた。

◎対戦相手は常総学院 決勝見どころ
 常総学院打線は上位から下位までむらなく打ち、関東大会3試合で28得点。守っても1失点、失策も1回戦の前橋商戦の一つのみと堅い。強力打線を誇る健大高崎は、どこまで安打を量産できるか。継投のタイミングもポイントになりそう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事